07月≪ 2007年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08/24(Fri)

保育園って・・・ 

保育園へお迎えに行った時の事。

Rちゃんという女の子とK君という男の子が一緒に遊んでいました。

RちゃんがK君に

「ねぇ、赤ちゃんみたいにハイハイして」

と言っているのを見ると、どうも『お母さんごっこ』をしている様子。

昨年までは一人で遊ぶ事が多かった子も、『お母さんごっこ』や『鬼ごっこ』など、
最近ではお友達と一緒に遊ぶ事が増えてきたようです。

そして言われたとおりハイハイするK君。
Rちゃんは「お母さん」役かな?

所が。。。

更に、ハイハイするK君に向かって

「ねぇ、ワンワンって言って追いかけてきて」

え~?!い、犬??しかも、追いかけるの~?
もちろん、言われたとおりに「ワンワン」言いながら追いかけるK君。
そして、特に楽しそうな表情すら浮かべず、真顔で逃げてるRちゃん。
一体、何の遊び。。。?

Rちゃん、せめて、せめてもっと楽しそうにしてあげて~

思わず周りを見渡し、K君のママが見ていないか探してしまいました


でも、そんな光景を見て、私の子供の頃を思い出しました。

私が保育園に通っていた頃───

昔から動物好きだった私は、『お母さんごっこ』をする時はいつも、自ら志願して「犬」役

ある日、母がお迎えに来た時のこと。
お友達と『お母さんごっこ』していた私は、首に紐をつけられお散歩していたそうです。

その姿を見て、悲しくなるやら情けないやら。。。

と、母が話していたのを思い出してしまいました

追いかけてるK君はとっても楽しそうなんだけど、
K君のママが見たら複雑な心境なんだろうなぁ。。。


話は変わりますが。。。


保育園に行くと、お昼寝をするせいか、どうしても夜の寝つきが悪い蓮。
布団に入って1時間は起きています
そして、その布団の中で、最近毎日のように同じことを言います。

それは。。。

「保育園のトイレ、きたないねん。」

そんなこと言われても、返す言葉がないんだけど・・・
まぁ、確かに綺麗ではないけど。

「へぇ、そうなんや」
と、一応返事を返す私に、

「なんか黒いゴミがいっぱい詰まってるねん。」
「だから、保育園行きたくないねん。」

結局、「保育園には行きたくない」という主張のようです

更に、
「保育園って、きたないねん」と言い出す始末。。。
若干、潔癖症の蓮。ちょっとした汚れやホコリも気になるようで・・・

「だから、保育園行きたくないねん」
やっぱりそれが言いたいのね。。。

ちなみに、保育園での蓮はかなり楽しそう。
とても嫌々、保育園生活を送ってるようには見えないんですけどねぇ。。。


スポンサーサイト

テーマ : 保育園児日記 - ジャンル : 育児

【編集】 |  23:24 |  保育園・幼稚園  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2007.08/22(Wed)

ガラガラうがい 

蓮の手術も無事終わり、今週から保育園に通いはじめました。

久々の登園と言う事もあり、月曜日は午前保育で帰ってきたのですが、
園ではブランクを感じさせないくらい元気に遊んでいたそうです。

まぁ、久々に登園する時はいつも、1日目は意外と平気なんですよね。。。
問題は2日目から。。。

そして今日がその2日目
家を出るまでは全く普通だったのに、保育園に着いた頃から、だんだん涙目に・・・

「じゃぁね。早めにお迎えきてあげるからね」

と言うと、私の傍を離れず目はウルウル

でも、以前ならとっくに泣き出していた蓮ですが、
一生懸命涙をこらえ、なんとか泣くことなくバイバイできました。

なんとも意地らしい姿・・・

子供にとって「我慢する」って、とっても大変な事だと思います。
それが「痛み」や「悲しい事」ならなおさら。
ホントは思いっきり泣きたいだろうに。。。

病院での点滴の時もそうでしたが、泣いている時よりも
一生懸命、耐えている姿を見ている方が辛かったです。
小さな体で、どんな事を思って一生懸命耐えているんだろう、って考えるだけで泣けてきます

いやぁ、それにしても点滴はかわいそうでした。。。

って、点滴の話はもういいんですが・・・
(点滴の話しが気になる方はコチラ

さて、術後2週間が経過。退院して1週間が経ちますが、蓮に、
「喉、痛い?」と聞くと、決まって
「痛くないよ」と言う蓮。

なので、多少違和感はあるでしょうが、大分治ってきているんだろうと思っていました。

所が・・・

昨日の夜、布団の中で、蓮が突然言い出しました。

「まだ、喉が痛いから『ガラガラうがい』できひんねん」
(*ガラガラうがい・・・口を開けて上を向いてするうがいの事です)

蓮のこの一言を聞いて、なんとも言えない気持ちになりました。

毎日、保育園から帰ると『手洗い・うがい』をしていた蓮。
月曜日から保育園に通い出し「『ガラガラうがい』をすると痛い」、
ということに初めて気が付いたようです。

確かに。。。
喉の手術をしただけに、想像するだけで『ガラガラうがい』は痛そう

蓮が小さい時から得意だった『うがい』。
ちょっとした事だけど、今まで周りから褒められたりして、得意げに見せてくれる事もありました。
でも、それができない。
蓮はどんな気持ちなんだろう。。。
と考えると、何とも言えない気持ちになってしまいました。

まぁ、痛みや喉の違和感がおさまれば、何でも今まで通りできるようになるとは思うのですが。
早く得意の『ガラガラうがい』ができるようになるといいのになぁ。。。

【編集】 |  00:35 |  健康・病気  | TB(0)  | CM(11) | Top↑
2007.08/16(Thu)

無事、退院しました! 

皆さん、ご心配おかけしました。
今週月曜日、蓮が無事退院しました。

最初は、流動食でさえなかなか飲み込めずにいたので、
どうなる事かと心配しましたが、今では普通の食事もしっかり食べることができています。
(おやつ、デザートに限っては今までの倍以上食べています

病院では小児病棟に入院していたのですが、
蓮と同じ手術(手術についてはコチラ)の子供が多いのに驚きました。
扁桃腺などの手術をする子供は『夏休み中』に手術を済ませる子が多いようです。
病院内では
やっぱり喉の手術ですか?」
「うちも扁桃腺なんです」
なんていう会話もチラホラ。

病院では一緒に泊まれない私の代わりに、下の妹のmioが来てくれていたのですが、
病棟内では「小さいお母さん」と呼ばれ、しっかりママの代わりをしていてくれたようです。

さらに上の妹のnanaも手伝いに来てくれたため、かなり大助かりでした。
病院では、nanaがお土産に持ってきてくれたパズルが大活躍!
(いつも、妹たちがくれるプレゼントはGOOD CHOICE!!な物が多く助かります)
しかも、蓮は私がいるよりmio&nanaの方が嬉しそう。

私が「もうそろそろ帰るね~」と言うと、「うん、いいよ」と、あっさり言うのに、
妹が「帰るね~」と言うと、「ダメ~!!!」と即答。
(どういうこと??)
ひどい時は、私と蓮が二人の時に、
「ママ、ちょっとnana呼んできて」とパシリに使われる始末。

私って一体。。。

まぁ、そんな感じだったので、逆に安心して妹に任せることができたのですが・・・

でも、二人の妹のお陰で大変だと思っていた入院生活も難なく乗り切ることができ、
心から「感謝!感謝!」です。
退院後も、みんなでワイワイ楽しい時間を過ごす事ができ、
つくづく「兄弟(姉妹)っていいな~」と感じました。
蓮&凛空も、友達同士みたいに仲良くなってくれると嬉しいなぁ。。。

そんな妹達も、今週末には実家に帰って行きます。
私自身、妹たちが色々手伝ってくれるので、家事・育児に対する負担が随分楽になっています。
そのため、妹達が帰って「寂しくなるなぁ」というのが半分、
楽さに慣れてしまったので「しんどくなるなぁ」というのが半分。
(いや、寂しさ4割、しんどさ6割かも。。。)

来週からまた保育園がスタートします。
入院生活で、大分甘えん坊になってしまった蓮。
ちゃんと保育園に行けるかどうかが心配なところですが、
無理せず、ゆっくり 元の生活に戻していこうと思っています。

【編集】 |  23:56 |  健康・病気  | TB(0)  | CM(7) | Top↑
2007.08/07(Tue)

入院、そして手術 

久々の更新となってしまいました。。。
なんだかバタバタしてしまって

と、いうのも・・・

先週の土曜日から手術の為、蓮が入院しました。(手術についてはコチラ
今まで、体調不良で何度も延期になっていた手術ですが(記事はコチラ)、今回は体調も万全。
私の妹のmioも手伝いにきてくれて、無事(?)土曜日に入院しました。

入院する前に、一応手術について蓮に説明し、蓮なりに納得した様子。
mioが付き添いで入院してくれることもあり、楽しみにしているようにも見えました。
(乳幼児を連れて病棟に入れない為、私は一緒に付き添う事ができません)

そして土曜日。
病院に着きしばらくすると昼食がでてきました。
蓮はニコニコしながらこれを平らげ、まるで旅行にでも来たかのように嬉しそう。
(実際、旅行だと思っていたのかも。。。)

病院でお泊りする気マンマンだった蓮&私達ですが、昼食後、
「月曜日が手術なので、今日はお家で寝てもらってもいいですよ」
と言われ、拍子抜け。
「な~んだ。せっかく覚悟してきたのに~」
(本当なら手術前日に入院するのですが、前日が日曜日の為、
2日前にあたる土曜日に入院手続きすることになっていたのです)
なんだか、お昼ご飯だけ食べに来たみたいになってしまいました

そして次の日。
今回はホントに入院です。
翌日の手術に備え、点滴の針を固定しておくことに。
それを聞いた途端、蓮の表情が一変。

「お注射、しない!!」の一点張り。

入院前はあんなに納得してたのに、何を言っても聞かず(ムリもありませんが。。。)
ベットからなかなか動こうとしない蓮。
それでも、何とか処置室に連れて行ったのですが、今度は泣き止まない。
(まだ何もしてないんですけど…相当注射が怖いようです

そして、何とか泣きながらも「チクリッ」
その瞬間、蓮の絶叫と共に看護婦さんの
「蓮くん、お願いだから動かないで~」の声。
その後、せっかく刺した注射針を抜いてしまいました。
どうやら1回目、失敗に終わったようです。。。

泣き続ける蓮ですが、絶対通らなければいけない道。
仕方ありません。
「頑張って~!!終わったら電車買ってあげるからね」
と、ごまかしながら、2回目の挑戦。(挑戦するのは私じゃありませんが。。。)

所が!

蓮の血管が薄くて見えにくいらしい。
そして、注射針をさすと、壁にあたるらしい(って、看護婦さんが言ってました。よくわからんけど。。。)

ということで、2回目失敗。

泣きながらも頑張っている蓮に、これ以上「頑張れ」なんて言えません。
お願いだから、早く済ませてあげて…

結局、いろんな人が入れ替わり立ち代り、5回目でやっと成功。
しかも、最終的には看護婦さんではなく、先生に刺してもらったのでした。
仕方ないとは言っても…かわいそう…。
痛かっただろうと思うと、私まで泣けてきました。
「頑張ったね~エライね~」
と言いながら、約束どおり電車をプレゼントしたのは言うまでもありません。。。

迎えた手術当日の朝。
もう既に旅行気分ではなくなってきている蓮。
でも、手術着に着替え、なぜか少し嬉しそう。

でも、手術室に連れて行かれると、「また何かされる」と思ったのか、表情が一変。
不安そうにしている蓮に、
「大丈夫!痛くないよ。怖くないよ」
と、言っても表情はくもったまま。

でも・・・

ベットに乗っている蓮に
「いいなぁ!!電車にのってるみたいやねぇ!」
と、声をかけると、ニヤリ
やはり、やはり、電車の威力はスゴイです。

2時間後。
手術を終えたとの連絡をうけ、手術室に行ってみると
現れた先生の手には、なんと!!
摘出した「アデノイド」と切除した「扁桃腺」が!!
(あまりにグロテスクなので、アップできませんが。。。)
結構大きかったので、ビックリです。(でも普通のサイズもよくわかりませんが。。。)

その後、蓮が手術室から出てきました。

麻酔のせいで、呼びかけたら目をあけるものの、またスグに眠ってしまう状態。
しかも、手術のせいで唇&舌が腫れていて、少し喋りにくそうにしていました。

まだ蓮のニコニコ笑顔は見れていませんが、蓮に「笑って」というと、
若干、顔を引きつらせながら、なんとか笑ってくれました

一夜明けた今日から食事が始まります。
最初は流動食ですが、4日後には普通食が食べれるそうです。

今朝のmioの報告によると、朝食を完食したそうです。
先生も驚いていたとか。経過は順調そうです。

しばらく病院と家を行ったりきたりなので、今週はなかなかブログもアップできないと思いますが、
まずは、ご報告まで。。。
【編集】 |  09:37 |  健康・病気  | TB(0)  | CM(13) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。